皆さま、どうも。

そらさんを養子に迎えるイメージトレーニングを日々怠らないセリ美です。

そら部屋にはダンスレッスン着と恐竜柄のパジャマを用意しました。





さて…さんざんツイッターのほうで大暴れしていたので、フォロワーの皆さま方におかれましてはハッスル期間中にたくさん交流していただき、本当にありがとうございました。


そして、今回のセリ美大感謝祭でセリ美を無事捕獲していただき、お喋りしていただいた皆さま方、本当に本当にありがとうございました!





hustlemates




「祝!!和希そら単独初主演!!」

ということで描き上げたこのポスターパロディーイラストをステッカーにして、セリ美オススメの海老せんべいに貼り付けたものをノベルティーとして配布させていただきました。
最後のほうだけ少し足りなくなってしまったので、ステッカーのみ配らせていただきました。

自分なりに忠実にポスターを再現して一生懸命描いたので、喜んでいただけて本当に嬉しかったです~!!!


しかも、わざわざセリ美のために手土産までご用意いただいた方までいらっしゃいまして…
なんか海老せん1枚しかお渡しできなくて逆に申し訳なかったです…

セリ美の読者の皆さんはとっても楽しくていい方ばかりで良かった~と心から思いました。


なんか、会でも結構ピリついてる会と平和な会とあるじゃないですか、ここだけの話。

セリ美チームは平和なチームで本当に良かったです。




でも、話しかけるのなんて勇気いりますよねぇ~

皆さんの「会いたかった~!」というお気持ちがとっても嬉しくて、ああブログやってきて本当に本当に良かった…と、幸せいっぱいのハッスル期間でした。



こうして画面上でいろいろな皆さんと交流していただいているものの、やっぱり実際にお会いして

「楽しく読んでます!」
「〇ケキャン時代から読んでます!」
「ノ〇香さんのほうも読んでます!」

って言っていただけたこと、セリ美の一生の宝物となりました。

いつか表現者になってみたいと思っていた夢の一歩に近づけたような気がしました。




でも、「見つけられなかった!」とか、「見つけたけど見失った!」という方も実は少なくなかったので、読者さま方と同じ日に観劇になることなんて今後はそうそうないだろうから、セリ美もとっても残念でした。



「よ~し、捕獲してもらいやすいように赤い洋服にしよう!」と赤いパーカーを購入して、背中に↑のハッスルポスターイラストをでかでかとプリントしたものを着ていたのですが、ハッスル4日目くらいで気付きました。





赤って客席に擬態するよね…







gitai
↑ 緊張して顔も赤くなって客席と同化しているセリ美図






黄色とかにしておけば良かったよね…


カメレオンのように客席の赤に染まってしまったセリ美を見つけられなかった皆さま、ほんとにごめんなさい…



dogeza




セリ美はとても恥ずかしがりやなので、今回の大感謝祭は実は

「恥ずかしいけど、でも感謝の気持ちを伝えなきゃいけないから恥ずかしいとか言ってる場合じゃない!」

と自分を奮い立たせ、最初で最後の捕獲イベントにしよう!と決めていたのですが、せっかくセリ美と会うことを楽しみにしてくださっていた皆さんがいたのに会えなかったことがとても残念で…


なので、次回公演以降ももし頑張れれば捕獲チャレンジ、していこうかな~どうしようかな~なんて思案中です。





そして、今回見事にセリ美を捕獲していただいた皆さまも、もし今後また

「あれセリ美じゃね?」

という場面がございましたら、何かしらのステッカーなどは持っていると思いますので、ぜひお声がけくださいね!!






robby








さて、本題です。



お仕事のほうのレポは既に書き上げましたが、変態の皆さま向けのほうはまだ書いていませんので、ここから怒涛の変態ハッスルレポ、いきたいと思います!!!







変態ソーラン、準備はいいかぁぁぁぁぁー!!!






kikasete


(うぉぉぉぉぉぉぉい!!!!!)







そんじゃいくぞォォォォォォォ!!!!!












  • 開演アナウンス
あのね~そらさんのね~今回の開演アナウンスはね~男役っぽくかっこいい感じじゃなくてね~
かっっわええの!


「宙組の、和希そらです♡」みたいな感じ。

WSSアニータでの女役声でもわかるように、そらさんの声って低音でも高音でもツヤっぽくて素敵なの。

最初は男役っぽくかっこよく録音してたみたいなんだけど、初日直前にダーイシからもっと爽やかに明るく言うように言われて録り直したんだって~。


ところでダーイシってなんか作り物みたいな顔してるよね。蝋人形館の中に紛れてても絶対気付かないな~。


daishi






マイ初日は、そりゃあもちろんそこから号泣スタート~!だよね~。

声を押し殺して泣くから肩が揺れちゃってさー、バウの座席って古くてギシギシ言ったりするじゃない?だから必死にこらえたよね。

それでも隣の人には振動伝わってたと思う。
何を震えてるんだろうこの人?って思ったよね。ごめんなさいね?





oetsu






  • オープニング

0番に立って一番明るい照明浴びて一番豪華なお衣装着て、

「ジャーーーーーーン!!!」

って登場するそらさん。

しかもテーマソングが神曲。


セリ美はタカラジェンヌさんにアイドル性を求めていないので、あんまりにもジャニーズっぽいのとか韓流っぽいのとかは好まないんですけど、このハッスルテーマソングはかんんんんんんんnnぬぺき!!!!!


スピーディーでパワフルで明るくてダンサブルで、ハッスルハッスル連呼するのでキャッチ―。

ぐいぐい煽ってくるイントロから振付から間奏から何からそらさんにぴったりでパーフェクト!



このオープニングで既に「真ん中が似合う」ことを証明してくるそらさん。

華とかオーラって努力ではどうにもならないものだから、これもまた才能。
なんなら背の低さすら「目立つ要素」に思えてくる。


ジャニーズのグループとかもさ、小さい子がセンターだったりするじゃない?
要は、その身長がキャラに合ってればそれが正解なんだと思うの。

だって172cmあるそらさんなんて、そらさんじゃない。
まかキキ愛と目線が同じそらさんなんて、そらさんじゃない。

もえこってぃというツインタワーの間に挟まる、そのシンメな感じがピタッとハマってた。



「この子のセンター力の高さ…!!」


なんて思って涙は増すばかりで。

本公演でも少しだけソロ場面はあったりするけど、あの美声を堪能するにはいつも全然足りなかった。

でもついにこんなにたっぷり聴かせてもらえる時が来たんだ!!という喜びも溢れて、涙は全然止まらない。

途中、呪文のような
「ハッスルハッスルハッスルハッスルハッスル…」というささやきハッスルを呟きながらハッスルメンバーがそらさんのまわりをぐるぐる回って、なんかバウ全体がそら教の総本山って感じになるのもまた楽し。


セリ美も一緒に回りたかった。





around




  • エクスカリバー「未来へ」

そらさんの華やかさと見事なダンスと歌に圧倒された直後に、あおいさんの「宙組は、ここから始まりました」というひとことからスタートする「未来へ」。

ずるいよね、それ。
泣くに決まってんじゃん。


ずんこさんがイマイチきれいに被りこなせてないヅラで歌っていた名曲「未来へ」は本当に素晴らしい曲で、それをそらさんセンターで歌う日が来ようとは…!と思うともう…もう…


20年前にエクスカリバーを観ていたときの自分にタイムスリップしたり、1000days劇場はオケピットがなかったなぁとか、東京のこけら落としにはほぼ全タカラジェンヌさんが日比谷に大集合したなぁとか、いろいろいろいろ思い出して…
そこから脈々とまかぜまで続いてきたんだなぁと思うとねえ…

感慨深いなんてもんじゃないですよもうほんとに。



セリ美的「未来へ」の盛り上がりどころは、

い~きてゆっくっ
た~びがひっろがるっ
おーぞーらーにー(ダッダッ)
きぼーおーのー(ダッダッ)

の「ダッダッ」なんですが、今回はダッダッがなかったことがとても残念。
ダッダッすごくだいじ。


誰も言ってくれないので、セリ美一人で合いの手入れてました。

誰か言ってた人いませんかー。




  • MCコーナー①

千秋楽付近は行かれなかったのでこのMCコーナーがどう変化したのか分かりませんが、基本的にはMCもすべて台本通り。

コンサートという名目じゃないからフリートークはダメなんですかね。

好き勝手にやらせたほうがそらさんらしさが出て絶対良かったと思うんですけど、それはそれで「今日は何話そう~…」って負担になっちゃうからいけないのかしらね。


でも客席ももう「ああ今日も同じこと言わされてお疲れ様です」ってフフってなる感じが一体感あったからそれはそれで良し。






  • 第2主題歌「君のSORA」

オープニングの元気ソングとこの「君のSORA」がハッスルメイツのオリジナルソングです。

君のSORAのほうは、上の空とか広い空とか狭い空とか空模様とか何度も何度も「そらそらそらそらそらそら」と言います。

宙組のそらというより、和希そらのそらに合わせたように感じたけどなあ。

セットにも電飾の「SORA」ってデカデカと出てきたし。


そんな、芸名を連呼する主題歌とか芸名を電飾で作るバウ主演作なんてありますかいな!!!


劇団がそらさんをこれからどんな立ち位置で扱っていくつもりになっているのか分かりませんが、こんなにそらそらそらそら言う作品作ってもらえて、そらさん愛されてるなあ~とは感じましたね。





  • 「コパカバーナ」
  • 「ファントム」
  • 「TOP HAT」
  • 「雨に唄えば」
  • 「私だけに」

もえこちゃんのコパカバーナから始まる輸入作品シリーズ。

もえこちゃん、いい声してるんだし顔もすごく小さくてスタイルも抜群なんだから、もっと自信持ってバーーーーン!!!ってやればいいのに~もったいない~と思いながらいつも観てました。

コパカバーナのこの曲はオシャレですごくいい曲で、娘役さんをたくさん従える美味しい場面なのにもったいないな…

舞台にはその人の性格が丸出しになるとよく言いますが、もえこちゃんはすごくおとなしい子なんだろうな~という感じ。

人を蹴落として…にまでなることはないけど、せっかくの中心場面はもっと自己主張して自分のものにして好きにやっちゃっていいんだよ~!と思いました。
そら以下の宙男下級生はもえこちゃんが引っ張っていかなきゃ!がんばれ~!




  • 最後のダンス

そらさんにおけるエリザベートって言ったらやっぱ新公でのルキーニになりますよね。

なので、ここで閣下の曲が聴けたのはすごく嬉しかった!

下級生から順番に歌い継いでいってましたが、みんなうまいけどやっぱそらさんが群を抜いてるな~という感じ。

そらさんが最後に出てくると、



「でたーーーーーーー!!!!」



という圧倒的なオーラ。
いちばん明るい照明浴びてるとかいいお衣装着てるとかじゃなくて。


聴かせ方、見せ方を知ってるんだろうな~本能で。



その、



「でたーーーーーーー!!!!」



ってすっごく大事なことで、それがオーラってやつだと思うんだよね~。


そらさんの歌唱技術とかを専門的に見たらどうなのかセリ美はよく分からないけど、とにかく

「うわーーー!すてきーーー!もっと聴きたい!もっと見ていたい!」

ってのが宝塚にはいちばん大事なので、そらさんにはそのいちばん大事なものがあるんだな~と確信しましたし、証明もできていたんじゃないでしょうか。





  • キッチュ

からの、キッチュね。

新公以来のキッチュということで、「またキッチュが聴けるなんてーー!!!」と感激した方も多かったと思います。

セリ美は残念ながら新公観られてないので、初めて聴かせてもらいました。


もう「空間支配」はそらさんの得意技ですね~。

気持ち良さそう~に、楽しそう~に舞台に立ってるそらさんの感情が観客にまで伝染してくる感じ。


なんか…そりゃあ新公当時より今のほうがずっと上手になってるんでしょうけど、これだけの実力とオーラがあるのになんで新公主演が1回(しかもオスカル)だけなんだろう~?とすっごくフシギです。


足りないものなんてないじゃん。



…身長??


でもちゃんと今回だってじゅっちゃんとカップルに見えてたし、問題があるほど小さいとは思わないけどなあ。


そらファンの欲目…なんでしょうか。





今回のキッチュは短縮バージョンでしたが、最後の「キーッチュ!」って言うところの直前に必ずそらさんが低く小さい声で

「いえあ」

って言うんですよ。



それがもう…もう…




近所のいたずら坊主の幼馴染がまだ声変わり前の高い声で「セリ美ちゃーん」って言ってたのに、お互い中学に進んで近所で会うことも少なくなって、中3の夏休みにコンビニの前でアイス食べてたら

「あ、セリ美」

って低い声がして「ダレよ?!」って振り返ったら背はあんま伸びてないのにやけに色っぽく成長した幼馴染が立っててポーっとなっちゃった、みたいな?







suikabar






美声っていうかさ、歌がうまいんだから美声に決まってんじゃん?

美声であることと色気のある喋り声ってまた別だと思うのよ。


玉木宏の声ってとても色っぽくて甘いと思うけど、じゃあ歌うまかったっけ?ってなると…えーとそれは…ね。



そらさんの喋り声はなぜあんなに色っぽいのでしょうね。



しかも、その「いえあ」のあと「キーッチュ!」って言って曲のジャン!と共に暗転するんですが、暗転直前にニヤってするのよ…あの子…

ほんんんんの0.1秒くらいの時間にそれ放り込んでくるの…



「いえあ…」
「キーッチュ!」
ニヤッ


の3段オチですよ?
あの子ったらそんなこと誰に教わったのかしら…



こっちは暗転したのをいいことに







kicchu






こんなんなってました毎回。



でも、その後のオヤジギャグコントでスッと元に戻るんですけどね…







というところで、ハッスル変態レポ第1回はここまで。


1幕全部いかなかった!!


先は長いです。





ハッスルウィークということで仕事をまっっっったくしていなかったので、これから怒涛の仕事タイムに突入します。


でもそらが頑張ってたからセリ美もがんばっちゃうーーー!!!




そらさんとセリ美は育った環境も性格もまるで違うけど、むしろ共通点なんてひとつも感じないほど対極にいる人だけど、だからこそこんなに憧れさせてくれる。



憧れ。



これ、とってもだいじ。
あんなふうに「仕事大変だけど、大好き!楽しい~~~!!」って思える仕事がしたいな!

有難くも宝塚のことを書いてお金がもらえるなんて恵まれた立場にあるのだから、がんばらなきゃウソでしょ!!




うおおおおおおおお!!!

100期生のこと書くぞーーーーー!!!!!









hokaku
※バウ内トイレにて捕獲されるセリ美図







捕獲回数は日によってすごく差がありました!フシギ~