あっという間に1週間経っちゃいますね~ほんとに。

相変わらずLINE運営との攻防を繰り広げているセリ美です、どうも。



ツイッターとかでスタンプクリエイターたちの怒りの声などをたくさん調べまして、審査基準がすごくいい加減だから無修正で提出しても通る場合なんかもあるぞ!という声が多く、セリ美も思い切って無修正で再提出してみました。


すると、あ~らフシギ、噂通りだった!
いくつかのイラストは審査通過。

じゃあなんで1回目NG出したんだよ!!って話ですわな。
いい加減だよね~。



で、2回目のNGはなんだか1回目よりも具体的な理由がついてた。

中には、そのNG理由に思わず笑っちゃったのがありました。



えーと、うたかたのパロディイラストがあるんですね。

ルドルフをうっとり見つめるセリ美に向かって殿下が無表情でピストルを向けてるイラストなんですが…


NG理由に、「嫌悪感を与えるイラストのため」って理由が書かれていたんです!!







嫌悪感を与えるイラスト!!






それを見て嫌悪感を抱くヅカファンがどこにいましょうか!!!
むしろ皆さん喜んで使ってくれるわい!!!
この青二才がぁぁぁぁぁ!!!


ヅカのいろはも知らん奴がセリ美渾身のイラストをジャッジしてるなんて…ほんとに腹立たしい限りで御座います。

ルドルフは愛しているからピストルを向けてるんですよねえ?

そういう深い意味も知らんくせにな~にが「嫌悪感を与える」だ!
ばかちんが!




でも、ダメっていうものは仕方ないからピストル消しました。つまんないの~

なので、この攻防戦を制して無事スタンプをリリースできた暁には、ピストルを持っていないルドルフに、ぜひ脳内でピストル持たせてくださいね。


他にも、まだまだNGくらってるやつありましたが、相変わらず理由が明確になっていなかったのでまた無修正で再提出してやりました。


さ~て3回目の審査はどうなることやら。


でもなんか、一度審査通ったイラストが意味もなくまたNGになってることもあるんだって~ジャッジする人の気分で決めてるってことだよね。

はぁ~やだやだ。いつまでこの闘い続くのかしらん。







さて、ついに私の可愛い可愛いそらにも初カノジョが…!!

と涙で枕を濡らしていたら、あれまぁセリ美かあさんの勘違いで、TOCCAはまさかの母さんへの誕生日プレゼントでした。



toccamorning3



かあさんからのお小遣い、使わずに何か月も貯めててくれたなんて…うっうっうっ…

かあさん…もう思い残すことはないわっっ!!!





でも、おかしいわねえ…TOCCAにこんなサイズ売ってたかしら…?

これって一体何サイズなの…??

えーと…首元のタグに書いてあるかしら…

























tocca-back





!?!?!?!?!?!?


こ、こ、こ、これは…一体…?!?!?!?!?!




あ、明らかに背中をお直ししてくれてるけど…

この雑すぎるお直しは…一体…?!?!


も、もしかしてそらが自分でやったのかしら…





「あ、あのう…ね、ねえ?そら?」

「ん?」

「あのう…頂いたあのTOCCA…って…サイズ…直してくれたのね…?」

「そうだよ。サイズ合わなかった?」

「い、いや…そうじゃなくって…」

「なんだよ」

「あ、あれは…そらが縫ってくれたの…?」

「え…?い、いや…縫ったのは…えーと…その…あのときの…ほら…」

「あのとき…??」

「い、イオンの…」


「!!!!!!!」



tocca-image






「もしや……あ、あの…あのあのああああああああああああああ」

「俺は縫いものなんてできないから…裁縫得意って言ってた友達に…うまく直ってたろ?」

「そそそそそそそうねとってもぜぜぜぜ前衛的でででセンスススがいいわよよよよ」

「前衛的って?」

「か、かあさんんんんのなな名前までしししし刺繍してくれくれくれちゃってきききき気が利いてるるるるるるるるるるるるるるるるr」

「なんだよ落ち着けよ!名前の刺繍?なにそれ?ちょっと見せてよ」





















soraseri






「…うそだろ?」

「ねえ…?なかなかのセンスよね…」

「俺の…俺の4万が……」

「よ、よんまんっ?!?!?!うそでしょそんなにするのこれっ?!」

「ま、まあね…」

「そ、そら…!!!」








hahakangeki






「かあさん、着るっ!!このワンピース、お出かけに着ていく!!」

「い、いいよ別に無理して着なくても!」

「無理なんてしてないもの!そらが一生懸命貯めて買ってくれたこの宝物…かあさん、一生大切に着るんだから!ほら!」







tocca-back2








「あ!なんかむしろそのほうがファンキーでかあさんっぽいかも」

「でしょでしょ??かあさん何だって着こなしちゃうんだから!」

「あいつ、ラッピングも全部やってくれるっていうから俺ぜんぜん知らなくて…でもなんかよく分かんないけど結果オーライだったからまあいっか」

「いいのよいいのよ!ところであの子、なんでこんなこと引き受けてくれたの?」

「さぁ…?なんか学校でもやたら俺の世話焼いてくれてて…なんでだろ??このまえ弁当忘れたときも俺に半分くれたんだよな~」


「あんた…それって…それって……!!!」







nerawarete







「へ?」










一体この親子劇場いつまで続くのでしょうか。




さていよいよ本編に…とお思いのそこの皆さん!!!


驚くなかれ!!


セリ美はもう力尽きます!




ということで、なんとハッスルレポせずに終わります。

スタンプの報告と親子劇場やっただけ!!

斬新ですね。






ではおやすみなさい。





最近ゲームやってないのでそろそろキャスティングゲームかどこで何するゲームやりたいな~