もうウソみたいに仕事の鬼が追いかけてきてまして、今日なんてえのきを2束ぶちこんだだけの塩スープが晩ご飯ですよ…




きのこはいいよね…安定した安さでそこそこ日持ちもして出汁も出て栄養もあって…


えのきとしめじはいいよね…


栄養はあんまりないけどもやしもいいよね…




kinoko




セリ美と長いお付き合いのヅカ友さんが、去年と今年はなんと「まぁ様を生んでくれた有難い土地にお礼を」という理由で佐賀県にふるさと納税をして、そのお礼品である佐賀のお米をセリ美に送ってくれました…

その米にどれだけ命を救ってもらっているか…

米があるからセリ美は博多に行かれるんだよう!!


ありがてえありがてえ…



てゆーか、好きなジェンヌさんのふるさとに納税するってなんかもうヅカファンの鑑って感じでほんとに素晴らしいことです。


↓参照記事↓

http://bonseri.club/archives/6240778.html




さて…今日は何を書きましょうかね…


いつもは冒頭文を書いてる時になんとなく浮かんでくるんですけども…


今日は何も浮かびませんねえ…


頭が疲れてるからねえ…





あ!そうそう!思い出した!


この前、ちょっとだけOG活動をしてきたんです!!



ヅカファンやってると現役さんに使うヅカ予算で精いっぱいでして、なかなかOG公演にまで出せる予算が残らないんですが、先月から少しだけ報酬のいい仕事が増えたので、いい気になってOG公演に手を出してみました。



でも、ミズさまの舞台なんですから、セリ美の本分といえば本分ですよね。




まずは、元雪組トップの音月キムくんと、愛すべき白羽となみちゃんの20周年記念ティーパーティーへ。



無題




宝塚感の少ない公演はたとえ行きたい演目でも我慢してますが、宝塚感満載の公演やイベントには積極的に行くようにしています。


キムくんととなみちゃんは雪組で一緒だったということもあったり、プライベートも仲良しのようなので、このイベントが実現したのでしょうね~

あすかちゃんもゲスト出演されるということで、「これは行かねば!!」と、少々出しにくいお値段ではあったものの、奮発してみました。



普通にホテルに電話して

「あ、あのう…キムくんととなみちゃんのやつ行きたいんですけど…」

と言っただけなんですが、なぜか最前のテーブルだったのでとってもラッキーでした!





退団したあとは、ご本人それぞれが希望する活動内容に応じて所属プロダクションを選ぶのでしょうが、キムくんはなんとEXILEさんの事務所に所属。

きっといわゆる「芸能界」でやっていきたかったのでしょうねえ。ドラマや映画などの映像の世界で。



なので、キムくんは歌えて踊れて演技もできて、おまけにものすごい華まである素晴らしいスターさんだったのに、退団後は結構「女子」って感じにシフトしちゃってたし、お歌を聴く機会も少なく、男役っぽい仕事もほぼなく、セリ美は寂しい思いをしておりました。



キムくんに限らず、退団後ソッコー女子になっちゃう男役さん…ちょっと寂しいなっていつも思っちゃいます。


そりゃいつまでも引きずって男役像求めちゃうセリ美が悪いんですけど、でもやっぱりこちらにも心の準備期間って必要なのでね…


10代から、男役とはってことばっかり考え続けてたいしたプライベートもなく、同世代は彼氏とデートだ同棲だってきゃっきゃやってんのにねえ、こっちはソフト帽のかぶり方とか黒燕尾の着こなしとかばっか考えてなきゃいけないわけですから、そりゃあ気持ちは分かるんですよ。


よくも女としてのピークである20代を男役にすべて捧げてきてくれたものだ!心より感謝申し上げ奉る!と思うのですが、やっぱりね、数年かけて徐々にやっていっていただけるとね、こちらもびっくりせずに済むんですけどねえ…


なんか、あ、無理して男っぽくしてくれてたんだな、ほんとはこういうことがしたかったんだなって思うと現役時代の映像見てもちょっと「あ…」って思っちゃうようになっちゃうのはセリ美だけでしょうか。




愚痴っぽくなってまいりましたね。年末ですね。






まぁそんなことで、キムくんには一抹の寂しさを感じて退団後の動向を見守っていたわけですが。


久々に見たキムくんの男役の歌声、立ち姿。


いや~~~~惚れ惚れしましたわ。


あれだけのものを全部どけて芸能活動してるのが本当に、実にもったいない。


OGが結集する公演にもほとんどいらっしゃらないし…非常に貴重なティーパーティーでした。





愛する愛するとなみちゃんは相変わらずお美しくって…
客席降りでセリ美の隣を数回通ってくれたんですが、もう背中の毛穴ひとつひとつ見るくらいの変態eyesでじっくり美を堪能させていただきました。

ま、毛穴なんてないんですけどね。つるっつるのぴっかぴかの白肌で…



セリ美なんて背毛も二の腕毛もびっちり生えてるのに、なんであんなにつるっつるなんでしょうねえ…

だって体毛って一応動物としての保護機能のために備わってるわけでしょ?

毛が生えてないっていうことは、防寒機能が低いってことなのかしら。

そうだとしたらセリ美がとなみちゃんに唯一勝ってるものは防寒機能だわね。



となみちゃんと競り合っても仕方ないんですけどね。




ただ、なんんんとなくですけども、となみちゃんの気の強さを感じました。

別に何かあったわけでもなんでもないんですが、まなざしの強さっていうのかなあ。

通過されるときにセリ美に向かって微笑んでくださったことが1回あったんですが、その微笑みのまなざしの奥にすごく強いものがありました。





娘役さんって、自分が主役になれることなんて退団発表後の餞別公演くらいしかないのに、いつも男役さんの脇でそっと寄り添ってるのに、見せない努力がすごいじゃないですか。


アクセサリーやお団子キャップなんて、あの距離でどれだけの人がじっくり見ることができるでしょう。

なのに、たった数分しか着ない衣装のために商品になるレベルの
アクセサリーを徹夜して公演までにいくつも仕上げてくるって、もう根性でしかない。


気が強くなきゃできないですよね~。



そんな強さをとなみちゃんのまなざしに見ました。



途中出てきてくれたあすかちゃんももおおおおお美しくて。

あすかちゃんとそんなに身長変わらないのに丸々してる自分が憎いよ。




kimutona




あすかちゃんもいまや受験スクールの経営者ですし、ブログを読んでもなかなかの上昇志向の持ち主。

いろんなOGを講師に呼んでたくさんの合格者を出してますね。

やり手です!



またあすかちゃんの首が長いからドレスが似合うこと似合うこと!


ドレスのチョイス・着こなしはとなみちゃんよりあすかちゃんのほうが好みでした。





そして12月入ってすぐ、夏みたいに暖かかったあの日ですよ。
もう半袖でいいんじゃねえの?ってくらい暑かったです。

あの日、セリ美は神様に会うべく表参道へゆきました。


ストレートプレイだし、ミズさまなぜかナースコスしてるし、観なくてもいいかな~って思ってたんですが。

ミズさまの講演会でお金まで借りて大変お世話になった例のミズ友さんから


参照記事↓

http://bonseri.club/archives/12512562.html




「セリ美さん、これぜっっっったい観たほうがいいやつ!!!!」

という大迫力の推薦を受けて、

「じゃ、じゃあ1公演だけ…」








kurio

※イメージ図



と行ってみることになったんですが。


それまで、「男役のミズさんがすべてだな~」と思っていたセリ美に、大革命が起きた作品となりました。


女優・水 夏希の高い実力とキュートな魅力、女性としての輝く美しさを心底思い知りました。


誘ってくれてありがとう!マロンちゃん!!!



天海祐希さんとか真矢みきさんもそうですけど、男役として最高峰を極めた人が、女優としても最高峰を極めるってさあ…


天才なの??




しかも、その公演はなんとキスシーンが2度もありまして。

ミズさまが男とキスしてるのを目の前で見させられるなんてそんな拷問、昔のセリ美なら発狂して劇場から飛び出していました。

四つん這いでボロボロに泣き濡れているセリ美を見た表参道をゆくオサレカップルたちに通報されて、駆け付けた警察官に







kisscry



としがみつき、「署までご同行ねがいます」だったでしょう。




でも、しっかりお芝居として成立していれば、キスシーンなんてむしろ




「もっと見せろ…」




ってなもんなんですよ。はっはっは。

研21ともなると、ここまで来るんだぜ?



久々に女優として見たミズさんは輝くような美しさで、求められている人物像を的確に、且つ水夏希ならではの味付けで見事に演じきっていました。





これだからミズファンはやめられねえぜ!!!

小さな地下劇場でひっそりと上演している作品とは思えないほど衣装の点数も多く、どれも素敵でミズさんに本当によくお似合いだったし、
まぁ共演者はさておき、作品自体もなかなか面白かった。


大きな舞台で激しく舞い踊るミズさんも最高に素敵だけど、小劇場で演劇を楽しむミズさんも素晴らしい。



やっぱりミズさんを観に行くときの高揚感、観たあとの満足感は格別である!!!!


公演後のファンクラブ用のアフタートークも相変わらずの感じで、本当に心の底から水夏希という人も増田千佳という人も大好きだぁぁぁぁぁ!!!と青山学院の正門で叫びたい、暑い暑い12月の日でした。


そのあとの変態トークしながらの肉ディナーはもう…


そしてそのあとのネカフェでの変態ミニ鑑賞会ではもう…


ここにはとてもじゃないけど書けませぬ。





2月・3月はまたミズ活がありますので、頑張って仕事するぞえ!!!





なんだかんだ今日も結構書きましたね。

明日は一応自分の中で仕事納めなんですけど、更新できるといいな~。






おやすみなさい。(いま朝6時)