さて、絶賛花粉大爆発中ですが、皆さんの目と鼻の具合はいかがでしょうか。


セリ美の耳鼻咽喉関係はといいますと、生まれつきクシャミと鼻水がよく出る体質ですので、軽いハウスダストアレルギーを持っていると思われます。
薬を飲むほどではありませんが。


よくある質問、
「無人島にひとつ持ってくなら?」
のセリ美の答えは、「ティッシュ」です。

自宅の4か所に箱ティッシュ完備しております。



ほら、セリ美宅は大豪邸だからぁ~

それだけティッシュの数も必要なのよねぇ~

家賃67,000円の大豪邸だからぁ~

























ishikeri









そんなセリ美は20代半ばごろに花粉症の症状がはっきりと表れ、以降は発症する年と発症しない年があって、去年なんかは割と大丈夫でしたが今年はえらいことになっておりまして、ついにアレーグラーを買いました。

目もすごくかゆいのでアルガードを買いました。


それだけで症状はそこそこおさまるので、まぁ軽いほうの花粉症なのでしょうねえ。

外出もほとんどしないのでね。





kafunshou






そういえばジェンヌさんで酷い花粉症の人ってどうするのでしょうねえ。
もちろん耳鼻科でお薬もらうんでしょうけど、この時期の耳鼻科の混みようったらないですからね、忙しいジェンヌさんが耳鼻科の待合室でじっと待ってる姿なんて想像できないのですが。


あれ?!今日の待合室、なんでこんなに空気が高原フローラルなの?!?!


とか思うこと、無いですか?宝塚市民の皆さん。
鼻がズビズビに詰まっていたとしても、鼻水を貫通するほどの高原フローラルなはずですよ?




しかも鼻水を止めるお薬って喉もからっからになるじゃないですか。
そんなんジェンヌさんにとっては絶対にまずい状況だと思うんですが…
どのように対処しているのでしょうね。

花粉症に限らず、身体が強いこともタカラジェンヌさんに必要な才能ですよね。



そらさんなんて冬でも加湿器使わないっつーんだから…

あの子ったら野生児にもほどがあるわ…



そんなところもまた可愛いんだけどね!!えへへへへへへへ!!!!!!






さて、書きたいことが山ほどあります。


でもまずは記憶が新鮮なうちに、群盗の続きを。





今回の宙組の振り分け…


ね。



びっくりの振り分けでしたよねえ。



結果的には成功というか、キキはんが劇団の挑戦に見事に勝ったとセリ美は思ってるんですが、でもやっぱり最初に振り分けを聞いた時は「え」と思ったよね。


絶対に2番手役としてずん桜木かうちの息子かを連れてくと思うじゃないですかねえ。誰だって。


そこを、ついこの前に新公を卒業したばかりのもえこちゃんってところが、しかももえこちゃん以下の学年もまだ台詞すら喋ったことのない生徒さんが多くて…

「こりゃあ…チケットどうなるのかな」

みんなそう思ったと思います。



でもキキはんのお茶会でのお話とか聞くと、群盗でキキはんはあまりにも経験の少ない下級生たちに手取り足取り、親身になってみっちり教えてあげたそうですね。

自分で演じてみせたりなんかもして。
2番手さんが演じてみせてあげるなんて、ものすごいことだと思います。
自分の役作りでだけでも手一杯なはずなのに。

だって組の2番手さんなんて雲の上の方…!と思っている下級生たちばかりだったと思いますし、キキはんはすごく人見知りのように見えるので、群盗がなければ下級生たちと積極的にコミュニケーションなど取らなかったのでは…?と思います。


でもきっと今では下級生たちも「キキさ~~ん!」と話しかけられるほどの距離感になったと思いますし、キキはんも「このカンパニーを自分で作り上げた!!」という達成感はとても大きかったはず。



それって、つまりは5組の次期トップ候補でいまいちばん上級生
(もう美弥ちゃんを入れられないことがつらいです…泣)なので、「トップになるための育成機関の総仕上げ」だと思うんですよ、いま。


そう思うと、宙組に来て一気に魅力が大爆発したキキはんにいま最も付けてほしい力って、組を率いていく力、統率力なんだろうなと思うわけですよ。


つまりは、今回のこの不思議な振り分けの狙いって、キキはんの統率力研修ということなのかな、と感じました。


急に太文字とか下線とか使ってみましたけども。





単純に「良い作品」という意味でも群盗は成功しましたし、キキはんの統率力研修という意味でも成功したな~~!とセリ美は感じました。


それが今回の群盗におけるキキはんの最大の褒めポイントです!

劇団から叩きつけられた挑戦状に見事に勝利しました。



これ、キキはんがどこかの組の次期トップになるための最終試験だったんじゃないか?って思うほど、すごくすごく重要な課題だったように感じます。

しかも、聡明なキキはんは劇団のその狙いをちゃんと敏感に感じ取って劇団が期待する結果にしっかり持っていったような気がします。
偶然成功したのではなくて。



「これだろ?こういうことだろ?」っつって。



そういう、「この公演に求められている裏テーマ」みたいなものを敏感に嗅ぎ取って劇団の欲しい結果に持っていくハンドリング能力もトップスターにとって大切なスキルじゃないでしょうか。


舞台人として歌ダンス芝居が上手というだけではトップになれないっていうのが宝塚の特徴であり、普通の演劇よりも厳しいところだなあ…とタカラジェンヌさんたちにますます頭が下がる理由のひとつでもありますね。







群盗の最大の褒めポイントは


「キキはんが統率力研修に合格した」


これでした!




キキはんの舞台スキルとしては、滑舌とか気になる点は残るなあとは思いましたけども。

でも歌唱力も花組時代より充分に伸びていることは分かるし、自分が出せる最も響く声も見つけ出しているように思いますので、そのあたりはトップになってから磨き続けても充分大丈夫なレベルには到達していると思いますね。




なんか、宙組に来てからのキキはんを見ると、いつも思うんです。




あのさ、よく野菜とか果物をさ、甘くするためにあえて水を最小限しか与えないみたいな栽培法ってあるじゃない?
枯れる寸前までしか与えない、みたいな、あえて植物にストレスを与えるってやつ。

あれを思い出します。



花組時代、たぶん苦しかったんじゃないかなあ。

みりおさんとウマが合っているようには見えなかったし、みりおさんは根性論信者のようにも見えるんですよね。
いや根拠なんてなくて申し訳ないんですけども。なんとなくね、なんとなく。

合理的とか結果主義とかの対極にいるような。、とにかく自分を追い込んで追い込んで、その先に見えるものがあるはず!みたいにストイックに自分をいじめるタイプに見えるんですよ。

しかもそれを他人にも要求するように見えるんです。


一方でキキはんって合理主義のように見えるんです。
とにかくやり方はどうであれ結果残せばそれでいい、みたいな。
無駄なことはできるだけ省いて、ストレスなくクレバーに最短距離を計算して進んでいくタイプのような。




つまり、2人は仕事に対する考え方が真逆って感じ。

でもやっぱり2番手はトップさんを支えるのが仕事だし、トップさんが作る組カラーに染まらなきゃいけないわけです。
聡明なキキはんはそんなこと当然解ってるから、自分が花組ですべきことを黙々とこなしていたのではないかな。

要は、「自分らしさ」が抑圧されている状態。



そんで宙組に来て、学年も近くて気心も知れているまかぜが上司になって、その抑圧が一気に解き放たれた。


キキはんに水を与えずにストレスを溜めさせて「自分はどうすればいいのか」を悶々と考えさせて、糖を溜めさせた。

そんで宙組で収穫してみたら一気に甘い果汁溢れ出す!!!!!!


みたいなイメージです。



色気という名の甘い果汁がいま大放出中なんです。

梨汁ブシャーー!!!中なんです。




















008










劇団がそこまで考えてキキはんを星→花→宙にしたとも思えないですし結果オーライかもしれないですけど、そういうのも含めて「運」ですもんね。

美弥ちゃんやカイちゃんの件で、やっぱりタカラジェンヌには運も必要不可欠であることを改めて痛感しましたしね。




キキはん、この成功は大きいよー!!やったねーー!!!!






seo





群盗、そんな感じの感想でした。

宙組初の東上作品、大成功おめでとう~!!






では、おやすみなさーーい。







2月〆切の仕事まだひとつ残ってるっつーの…