まず先に業務連絡です。


えーガラ子さま~ガラ子さま~

メッセージをありがとうございます!



ですが、やはり残念ながらメールが届かないようです…

思うに、@の前の『.』が不要なんじゃないかな~なんて思うんですが…

どなたかメールに慣れている方がお近くにいらっしゃるといいんですが…








さて、セリ美が通っているジムもついに今日から15日まで休館となりまして…

政府から直接「スポーツジム」という固有名詞が出てしまったのでね~



1か月ってちょうど代謝が上がってくるタイミングだそうで、2月から通い始めてちょうど1か月のセリ美は今ここでサボってしまうと台無しに…



ということで、仕方なく近所をジョギングすることにしました…



いやだな~~まだ寒いのに~~

田舎って道路に何落ちてるか分かんないからな~~

ジョギングすると坐骨神経痛でるんだよな~~




そして、3月5日に予定していた眩耀がなくなってしまい、予約していた往復バスのキャンセルどうしようかな~なんて思っていたのですが…


たった半日しか滞在できないスケジュールでバスを取っていたので、京都観光するにもなんだか中途半端な滞在時間でねえ…



経済がほとんど止まっている今の日本、セリ美が日本の経済をまわさなくては!!!

と家から握り飯を死ぬほど持ってきて京都でほとんど買い食いしないセリ美が謎の責任感を発揮していたんですが…



やっぱりここはおとなしく家に居るのが無難なのかな~という気持ちになりましてね。

コロナに負けたくなかったんですけどね~。

あと1~2週間でこの騒動も収束するだろうと思っているので、ここは静かに家でブログ書くことにしました。



でもとりあえず106期生は無事に卒業式が敢行されたみたいで良かったです。

初舞台の頃には間違いなく公演も開始されてると思いますのでね。

セリ美も初舞台公演は観に行くつもりです!


初舞台生の口上とロケットってなんであんなに琴線に触れるんでしょうかね。
いつ観ても泣いてしまいます。


今年の成績上位4名は男役さんが多いんですねえ。




普通に考えて、受験者の割合って男役の身長の子のほうが少ないと思うんですよね。


だって周囲の女性で170cm前後の人ってそんなに見かけないですもんねえ。
「この人、背高いな~」って思って身長訊いても、たいてい165とかのことが多いです。

その上、頭身バランスや骨格がタカラジェンヌ向きでバレエと声楽の基礎のある人なんて言ったら相当限られたお嬢さんなわけで。


身長が既に170cm近くあってお顔立ちも骨格も問題なし、実力も大きな問題は無し。
そんな受験者、相当レアですからね。たいていはこれだけで充分合格ラインクリアするんじゃないかなと思うんです。



一方、娘役さんの身長の受験者は絶対的に多いわけですから、娘役さんのほうが競争倍率高いはずなんですよね。

つまり、娘役さんのほうが高い実力を持ってないと合格できないんじゃないかな、と。



そうなると、卒業時にマスコミの会見に応じる成績上位4名というのは娘役さんのほうが多いはずなんですね。



でも106期生は男役さんが多かった。

これはなかなか珍しいケースじゃないかな~と。



成績優秀=出世する、というわけでもないですけど、実力の高い男役さんが豊富な期なのかな~ということで、じっくりチェックさせていただこうかなと思っとります。


とはいえ、セリ美は青田買いニガテなのでね~
「この子はスターになるで!!」という先見の明は全く持ってないです。
研22、もうすぐ研23だというのに残念ですねえ。


まぁ様もだいもんもまさかこんなに素晴らしいトップさんさんになるだなんて…

まぁ様の新公観て「この子、大丈夫かよ…」って思ってた自分に呆れてしまいますわ。

大丈夫どころか…ねえ?





さて、今日の議題はどうしましょうかね。



そういえば音楽学校卒業式で「夢組」について正式に言及したとかで。

その件についてセリ美の思うところを書いてみましょか。




まぁね、正直言って劇団の失策とか理事長センセイたちの失言に関してはいつも「なんでこんなにファンの総意と乖離してるんだろうか」と呆れることが多いんですけどね、今回の夢組プランに関してもセリ美は「なんだかなあ」という感じでした。


退団しても女優として活躍できる人ばかりではなくて、せっかく職人技として身につけた男役芸・娘役芸を披露する場が少なくなってしまうのはもったいないという気持ちはよ~~く解りますけどもね。


セリ美だって一心不乱にヅカファンやってた時代は2000年~2009年くらいなので、そのあたりに第一線で活躍されていらっしゃった現OGさん、今も大好きです。


退団されてからも、興味ある作品はできるだけ足を運ぶようにしてますし、その中で現役時代を思い出すような演出があったら泣くほど喜びます。


数年前に公演したエリザベートガラコンサートでは現役時代と同じミズさまトートを再び拝めて、もういつ死んでもいいやというほど感無量でした。


しかもミズさまったらいまだに男役としての成長をしていらっしゃって、現役時代よりさらに良くなっていらっしゃって…それは一体なにごとですか……






でも、だからといって夢組としてOGだけの組を作って定期的に現役生との共演作品を観たいかというと…


それはまた別の話でね。




宙組誕生20周年ということで去年?おととし?
特別イベントがありましたね。

そこで宙組の歴代トップさんが大集結して、現役宙組生と共演してくれましたけども。



宙組誕生から観続けていたセリ美にとって、もうそれはそれは感慨深いものがありましたし、諸先輩方に恐縮しまくってる可愛いまかぜも見られたし、全トップさんとの深い絆を感じたすっしー組長にも改めて感謝できたし、素晴らしいイベントをありがとう!!!と思ってはいますけども。
(諸事情あってハナちゃんを始め歴代トップ娘役さんたちが来られないのは分かるけどね~ハナちゃん見たかったよう)



でも、それを「定期的にやりますよ~」って言われちゃうと、やっぱり有難みは薄れますよねえ…

「もうこんなこと二度とない!」という特別感があったから成立していたイベントであって。

退団したら、男役・娘役の姿をもう二度と見られない!という儚い存在というのもフェアリー感のひとつですしね。





まぁね、夢組プランがどんなものになるかまだわからんので、百歩譲って夢組作って定期的に現役生と共演していただくのはもちろんそこにワクワクはあるでしょうからいいとしても。





でも夢組より先にやるべき大事なことがたくさんあるんちゃうんかい~~~~~





というのがいちばん言いたいこと、ですかね。


前回議題に挙げたちなつさんの今後とか、各組2番手娘役さんの今後とか、若手の育成とか、5組がほとんど休みもなく365日働き通しなこととか、星蘭ちゃんの今後とか、息子のバウ主演いつなのよとか、現役生だけでも考えていかなきゃならんことは山積みなわけでね。

OGさんのこと考えてる暇なくない?って思っちゃうんですよね。





昨日テレビで見たアナザースカイで、ディズニーワールドに行った風間俊介くんがディズニーがこんなになぜ愛されるのか、その理由を言ってました。
変わり続けていくことが長く第一線にいられる理由なんじゃないかって。

確かにそうです。



セリ美も好きな言葉は「大事なのは変わってくこと、変わらずにいること」(©槇原敬之さん『遠く遠く』より)なので、軸は変わらずに、マイナーチェンジし続けていくことが長く長く人に愛される秘訣だよなと思っています。

セリ美自身もそうありたいといつも思いながら生きてますしね。



だから宝塚もいろんな挑戦をしてきてますよね。
その成否は別としてね。


今回の夢組構想もきっとその「挑戦のひとつ」であるのでしょうけども。



でも同じ「挑戦」なら、現役生がもっともっと輝けるような挑戦を考えてほしいわけですよ。



そうだな~例えばセリ美が理事長なら、もっと別箱を減らして生徒さんたちに体と心の余裕をまず作ってあげたいですね。


アスリートと同じように、心身の限界から生み出されるものって確かにあるとは思いますけど、さすがに千秋楽2日後にもう集合日っていうのはちょっと…ねえ。
公演中に怪我しちゃってもそれじゃ治る暇もないよねえ。


退団発表したトップさんは大劇場公演と東京公演の間にディナーショーとか…ねえ。


音楽学校で叩き上げられた根性ポテンシャルが生徒さんたちにあるからものすごい火事場の馬鹿力的なものを発揮してお稽古2日とかでディナーショーやっちゃってますけども。


ほんとはもっとじっくりお稽古させてあげて、もっと自分たちで考える時間とか練る時間とか増やしてあげたいんですよね。





…とか、いまはなんかもう作品のベースが決まっちゃってますけど、もっと新しい形の作品を生み出してみたいです。



そうねえ。例えば。



5組の2番手さんのみを集めたコンサートとか。

組を越えての学年別のワークショップとか。

娘役さんだけのショー作品とか。

ファンの応募で集まったコンビ組み合わせや曲目だけで場面構成します!とか。

本公演で着る衣装のデザインを公募します!とか。

演出家の先生の公式なお茶会とか。

新公もライビュするとか。




宝塚には、まだまだ無限の可能性があると思うんですよね~。OGさんに頼らんでも。

夢組を作って現役生と共演させることで現役生も学ぶものが多かろうという目論見なのかもしれないですけど、紫苑ゆうさんとか、ヤンさんとか、鈴懸さんとか、教える道に進んでいるOGさんもちゃんといますからね。



だから、ビジネスビジネス利益利益もいいですけど、やっぱりファンあっての宝塚ですからね。
ちゃんとファンの総意を汲み取っていかないとダメよ~なんて思います。

ちょろっとツイッタ―覗けばファンの気持ちなんて簡単に調べられるんですから。



それには、やっぱり首脳陣が男性ばかり(しかも割と爺さん)っていうのがね~~
そろそろ時代錯誤を感じますね。


「変わらずに変わっていくこと」を実現するためには、OGさんに頼るとかそういうことじゃないんじゃないかな~と思った夢組構想でした。






さて、では最後に。


ついに今年もこの時期がやってまいりました。





セリ美茶参加表明アンケート~~~


前回はツイッターでアンケート調査しましたけども、読者さまの中にはツイッターやってらっしゃらない方もいらっしゃるのでね。

今回は、去年のセリ美茶で有効活用したGoogleフォームを使います。



長く待ってもあんまり回答数伸びないので、まぁ1~2週間で〆切ろうかなと思います。

まだ「日程合えば行ってみたいな~と思ってるよ~」という参加表明だけですので、アドレスも集めませんので、お気軽にポチっとしてくださいな。



それではどうぞ!!













あ、なんかGoogleフォームに入れない人もいるようで…
「入れないじゃんか!」という方は、ここのコメント欄でもツイッターでもいいので、ご一報くださいませ~~



では今日も自粛自粛でつまらない1日ですが、家で飲んだくれるとか溜まったスカステ編集するとか、なんとか楽しみを作っていきしょうね~~









今年のセリ美茶、もうなんとなく構想はできあがってるんだけどね~
今年も新しいこといろいろやる予定!