fff東京も1週間が過ぎました。

なんと緊急事態宣言は延長ということで…
観劇後にヅカ友さんとご飯食べて帰ることもできないの、ほんとにつまんないですよね~~


世紀のトップコンビであるだいきほが退団パレードもフェアウェルも無しだなんて…
本来は「命を懸けた熱演をたくさんありがとう!!!!」と東京宝塚劇場前で何千人もの人から直接名残を惜しまれながら帝国ホテルに去ってゆくべき退団者たちなのにねえ…


公には「フェアウェルです」と言わないまでも、非公式でひっそりとどこかでフェアウェルもどきのような会が催されるといいなあ。





さて、ではfffレターセットのお申込み詳細にまいりましょう!
まずは、レターセットの全貌はコチラでございます!!!

















便箋1jpg




便箋2jpg



便箋の柄は2種類作りました~。
全体的には、当時の手紙っぽくしてみました!

セリ美パロディーイラスト以外に散りばめた肖像画たちは、ベートーヴェンが生前に親しくしていた、もしくは深いかかわりのあった人物たちです!

1枚目の便箋の上から順に、

モーツァルト、カント、不滅の恋人では?と噂されてる女性(アントニー・ブレンターノ)、ゲーテ


2枚目の便箋の上から順に、


ナポレオン、ベートヴェンのピアノを作ってた女性(いい友人だったらしい)、愛弟子のカール・ツェルニー(唯一可愛がってた弟子らしい)、シューベルト


です!
fffでもまあやに癇癪を起こしてパンを投げていますが、実際のベートヴェンも癇癪持ちで気難しい性格だったそうな。そんなベートヴェンが憧れていたり親しくしていた貴重な人物たちです。




背景に大きく置いた画像は、1枚目は「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いた家に置かれている、ベートヴェン使用の実物のピアノ画像です。音がよく聴こえるように、特製の集音器みたいな装置がありますね。
このピアノを作ったのが、肖像画に置いた女性です!


2枚目の背景は、そのピアノが置かれている部屋に描かれている壁画です。
まさに、だいもんベートー勉のようにめちゃくちゃ汚い部屋です。床に散らかしまくった楽譜も見え、絵のどこかに怒りながら片付けているまあやの姿も見えるような、fffっぽい絵ですよね。


罫線はちょっとオサレに五線譜にしてみました。うふ。







セリ美イラストは、こんな感じ。








謎の女キス待ちjpg

「一回だけお願いしたいことがある」と迫られてソノ気になってます。







ロシア雪原jpg


2人の英雄の間にちゃっかり居座って話を聞いていますね。勝手に暖とってるし。
セリ美のこの図々しさ、我ながらいつも元気をもらいます。
頭にけっこう雪が積もってるので、長いこと雪原に倒れて死んだふりして待ってたんでしょうねえ。








農夫jpg


作品最後に出てくる、非常に解釈が難解な例の農民のセリ美です。小汚いですね~。
貧乏だから金貨なんてものは見たことなくて、差し出されても状況が理解できずにいます。
台本を見ると、「犂(すき)」とありますが、犂は牛に曳かせて畑を耕す農具のことだそうで、果たしてくーみんの想定してる犂はこれでいいのか、疑問は残ります。












で、封筒はコチラ。





封筒jpg




もちろんこれをちゃんと封筒に成形してますのでね。これは展開図です。
背景に使ったのは、あの「ハイリゲンシュタットの遺書」の現物画像です。
なかなか鮮明な画像が落ちてなくて、探すのに苦労しました。
そこに、手紙を持つロールヘン(懐妊済み)がいますね。

くーみんはこの「ハイリゲンシュタットの遺書」を知ってベートヴェンという人物に俄然興味が出てきたそうで、fffにも「ハイリゲンシュタットの遺書」という場面があるくらいなので、相当思い入れのある遺品です。

書き始めは確かに「とても辛苦の多い人生だった」、と「遺書」のように書かれますが、書いていくうちに、芸術に命を救われたから自分にはまだ使命があるんだという「力強い声明文」のようになって終わっているという興味深い内容ですね。

こういう、どん底からの火事場の馬鹿力がベートヴェンの真骨頂のような気がしますし、fffでのルイもそんな印象に描かれているように感じます。


なので、このハイリゲンシュタットの遺書は非常に重要なアイテムなので、封筒デザインにしてみました。
そんな大事な遺品にふざけたロールヘンを載せてしまうという不届き者、セリ美。







で、セット内容は

便箋2種類が各15枚で合計30枚入り、
封筒1種類が10枚

という内容量になっております。


先日も少しお伝えしましたが、こういうレターセットやハガキを作ると、有難いことに「もったいなくて使えない!」というお声を頂くことが多いので、存分に使っていただけるように多めに入れさせていただきました。書き損じちゃっても大丈夫なように。修正液とか使えない紙色なのでね。



「とにかく皆さんのチケット予算のお邪魔をしないように、コストは徹底的に低く」がグッズ作りのモットーですし、宝塚関連で利益を出す気は全然ないので、材料費として1セット300円をどうぞご協力くださいませ。

そして送料も100円だけお恵みをお願いいたしますです。



お友達に差し上げたい!という方もいらっしゃるかもしれませんので、お申し込みは何個でもどうぞ!(なんとか頑張って作ります)
何個お申込みいただいても、送料は100円で結構でございます。趣味でやってることですのでね。


個数によって、




smart-letter





clickpost




img_box_02



これらの方法で送らせていただきますね。




お申込みフォームに記入していただき、セリ美クラブまでご送金くださったのを確認でき次第、なる早でお送りします。









それでは、もう一度まとめますね。









便箋jpg



封筒jpg




内容量:便箋2種類各15枚、封筒10枚
1セット:300円
送料:100円



「こだわりにおいてくーみんに負けたくない!!」とデザインも頑張ってこだわりましたし、普通のプリンターで出した紙を1枚1枚丁寧にカッターで切り出し、折ったり貼ったりして一生懸命丁寧に作っております。どうぞ可愛がってやってくださいまし。

1セット作るのに1時間とかかかっちゃってねえ…






では、お申込みフォームはコチラです↓↓



fffレターセットお申込みフォーム






【お振込み先】
ゆうちょ
記号 12030
番号 14937521
セリ美クラブ



ご不明点があれば、ブログ内にあるお問い合わせ欄からでも、このコメント欄からでも、ツイッターからでもどうぞ!


お申込みフォームからのお申し込みと、セリ美クラブへの送金が両方確認でき次第、レターセットを送らせていただきます!
送付が完了しましたら、セリ美のほうから「送りました!」とメールさせていただきます。
もし「来ないんですけど…」とかあれば、どんどん言ってくださいね。



もし想定外の数をお申込みいただいちゃって、公演期間内に作成できないレベルの量になっちゃったら先着順になってしまいますので、そこだけどうぞご了承くださいませ。






このレターで生徒さんにお手紙を書くのはもちろん、くーみんへの感想を書くのも良し、お友達へのお手紙に使って爆笑をかっさらうのも良し。



ただ、コロナの関係で
東京宝塚劇場へのファンレター郵送はいま受け付けていないうなので、そこだけご注意くださいませ。ムラへの郵送はOKだそうです。


現在東京公演中の雪組生徒さんへのお手紙を渡していただけるかどうかは各ファンクラブによって違うと思いますので、チケット出しをされている各ファンクラブのスタッフさんに訊いていただくのもいいかなと思います。


だいもん、まあや、なぎしょたちに熱い思いを伝えたいですよね~。


もちろん、退団後にお読みいただけるようにムラに送るのも全然アリだと思います!
時間ができてじっくり読んでいただけるかもしれないですしね。







ということで、ご入用の方はレターセットのお申し込み、スタートです~~









指にカッターダコができてきたよ…