セブンイレブンのおにぎりには味付け海苔が使われているものがあると知って大感激したセリ美です、どうも。

鮭とかシーチキンとか、シンプルな具のおにぎりには味付け海苔が使われているんですね。さすがセブンだわ!!






さて、セリ美はいま大阪市内のホステルでこのブログを書いております。



え?泊まりでアウグストゥス遠征してるのかって??












2021年で最も号泣するであろうガラコン遠征のためだっつーのーーーーー!!!!!!











OSKさんにまで足を延ばしていると、公演によって本気度を5段階くらいで分別して設定しないと破産してしまうわけですね。プロレス観戦という別の趣味もありますし。


例えば宙組公演やミズさまの一般的な作品の本気度は4です。
そして他組だと、ウエクミ作品や好きな先生の作品の場合は3、それ以外の先生の作品は2かな。
OSKさんは1ですね。


で、年に2~3回、本気度5の作品が現れるわけです。


それが夢千鳥とガラコンというわけでして。

ちなみに、fffは公演に通うのが楽しいという意味ではなく、振り落とされたくない!!というくーみんとの果たし合いみたいな意味で本気度5でした。
ミズさまのダンスリサイタル系とオギー演出作品とかも5です。


本気度5になると、10回通っても足りないみたいなことなので、そんなもんが同時期に2作品公演するとなったらもう毎日もやしを塩で炒めて飢えを凌ぐみたいな生活になりますよね。




ゆえに、セリ美がいま泊まっている宿はなんと1泊900円です……






いやいや!!誤解なさるな!!

「セリ美…そんな酷いところに泊まってまで……貧乏で可哀想…」といま涙ちょちょ切れた方もいらっしゃったかもしれませんが、めちゃめちゃ綺麗なところなんですよ!!!


去年の11月にできたばかりのホステルでして、コロナ時代になってからのオープンなので換気設備も完璧で本当に綺麗なホステルです!
しかも一般的なホステルってMRIの機械みたいなカプセルルームのところがほとんどなんですが、こちらはすごく個室が広くて、テレビもついてる!!!





無題



こんな風に部屋の種類を選べるんですが、ロフトベッドみたいになってるのでかなり広いです。セリ美はもちろんいちばん安い左端のタイプですけど、それでも充分広い。




IMG_1547



こんな感じ。左に見える小さいデスクでいまパソコン開いて打ってます。セリ美がこれまで泊まってきたホステルの中でダントツに広いです。

で、もちろん女性フロアなので安心ですし、そのフロア内にトイレもシャワールームも洗面もパウダールームもランドリールームもついてて、着替えスペースなんかもあります。
個室内で着替えるの結構大変なので、「あ、よく分かってるな~」と感心してしまいました。


↓これがパウダールーム。コテとかも置いてあっていいですね。

03




↓これは共用スペース。ここでみんなパソコン開いて仕事してますね。

01



↓共用キッチン。ここでみんなレンチンしたりカップ麺作ったりしてます。食器や調理器具も全部揃ってます。

02



セリ美のようにお金をかけずに旅してる人が多いので、みんな節約のために外食しないでここで食べるんですよね。

京都のホステルに1週間くらい泊まってたとき、100円ローソンで具材買ってきて煮込みうどん作ったこともありますよ~。皆さんが買って置いていった調味料とかも各種残ってるので、具材だけあれば作れちゃいます。

最近は後片付けが面倒なので、3個パックの納豆、もずく、豆腐を買ってきて共用スペースにある冷蔵庫に入れて(名前を書いておく)(宙組方式ね)、毎朝のごはんにしてることが多いかな。


共用スペースでもお互いまったく干渉せずにみんな黙々と自由に過ごしてるので、結構気楽ですよ。



↓こちらです。梅田から御堂筋線で2駅。

https://www.hotel-atarayo.jp/



綺麗なスパに泊まる、みたいな感覚に近いと思いますね。
お風呂もトイレも共有だけど、別にスパのお風呂やトイレ入っても不快というわけではないじゃないですか。そんな感じ。



それで900円ですよ!!!!!!!
まったく文句ないわ!!

掃除もしっかり行き届いてるし、いろいろ泊まり歩いた中でもここは大合格ですね。
同じようなお値段でもほんとにピンキリですからね~。



まぁ、ブッキングドットコムのヘビーユーザー割引みたいなのもあっての900円ですけどね。あとはこの閑散期ということや平日ということとかいろいろコミコミでの900円でしょう。



正直、コロナ以前はやっぱりこういうところって中韓の人たちがたくさん泊まっていて、どの外国人よりも圧倒的にマナーが悪いので、運が悪いとそういう人たちと一緒になっちゃって嫌な気持ちになることもなくはないんですが、今は中韓の皆さんがほとんどいないのでとても快適です。

夜は静かに、とか当たり前のルールを守らなかったり、洗面所を床までびしゃびしゃにしちゃって拭きもしないとか、一体どういう教育受けてたらそんな感性になっちゃうのかしらね。

まぁ、白人系もマナー悪い人はいますけどね。トイレ内も全部裸足で行って、その足でいろんなところ踏むわけですからね。
自宅のトイレならまだしも、みんなが使ってるトイレ内に裸足で入るなんて信じられないじゃないですか。でも外国人は何とも思わないんでしょうかねえ。自分も含めて日本人ってほんとに清潔なんだなあ、日本最高だなあ、と思います。





そんなことでガラコン遠征の前乗りで今日から3泊!

明日はついにマイ初日でございます!!!!まぁみりのエリザ再びですよ!!!
そしてそこにみっちゃんがいるという不思議…

またレポしたいと思います!!!








さて…月組の次期の発表がない理由が気になりますよね~~~

いや先日ね、ヅカ友さんと月組次期談義をしたんです。


そしたらヅカ友さんが非常に興味深い説を提唱していたんです。



まずいちばんの謎は、たまさん退団公演のお稽古が始まっても次期を発表できない理由が必ずある。

つまり、次期はれーこちゃんではない。

「もしや、ダブルトップ体制として、ちなつさんとれーこちゃんが同時就任なんていうウルトラCが?!?!」とも思ったんです。

実際、1980年代に松あきらさんと順みつきさんが花組でダブルトップ体制になっていますので、前例がないわけではないのでね。

みりおさんも最初は「準トップ」なんていう訳のわからない肩書でスタートしたわけですし。

その時の人材を見て劇団は臨機応変に対応してるということですよね。


月組で主によく見られるこのウルトラC人事が吉と出るか凶と出るかはその時々によりますが(だいたい凶と出る…)、まぁ宝塚歌劇団の歴史として非常に興味深いものではあると思います。

セリ美もまだまだ中堅どころの研23なのでそんなに古株というわけではないですが、過去にダブルトップ体制なんてものがあったことをご存知ない方も多いでしょうから、「へえ~!」と思いますよね。




でも、ちなつれーこのダブルトップ体制だとしても、発表できない理由にはならないわけです。2人とも月組ですし。

セリ美がもし月組Pならこのダブルトップ体制を激推ししちゃいますけどね。
絶対面白くなるはず。このコロナダメージで受けた赤字を取り戻せるほどの起爆力を秘めているように思います。
月組ファンじゃなくても、「ダブルトップ体制ってどういうこと?!ちょっと観に行ってみよう!」ってなりますもんね。





でも残念ながらこの説は成立しないわけです。

じゃあ、れーこちゃんに2番手として引き続き支えてもらって、たまさんの次期になれる人物は誰か…?



学年的に考えると、94期以上の学年になるわけですよね。それで挙げてみると、

かちゃ
キキちゃん
愛ちゃん

という3名が浮上します。


でもかちゃだとしたら発表できない理由がありません。学年的にもうだいぶ上ですから、もし「月組次期トップ:凪七瑠海」と出てもみんなは「なるほど」と思うだけです。月組出身ですしね。

なので、かちゃではないんじゃないのかということになります。


そうなると残るは93期のお2人ということになります。
お2人ともものすごくいい感じに円熟しており、貫禄も実績も充分です。

特に、カレンダーの振り分けで別格組と同じ枠に入り、一瞬でしたが謎の専科異動となった愛ちゃんには少し暗雲が立ち込めましたが、ロミジュリでの評価で一気に挽回したように感じますね。

場の支配力がとてつもない、と。



確かに、黒い瞳のときに「すげえ貫禄だな!!!」とセリ美もびっくりしました。
あれって豪胆で勇猛果敢な武将という役どころなので、とにかく貫禄がなければ役にも衣装にも負けます。

紫吹さんとはまた違ったアプローチでお見事でした。


愛ちゃんはご自身のことを「ダンサーでもシンガーでもない」と謙遜しておられるようですが、誰にも真似できない演技力を身につけたのだなあ、と。ラスプーチンのおかげですかねえ。

貫禄や存在感って、トップさんになるにあたって最も大切なものだとセリ美は考えます。
「宝塚のスターは実力だけではない」と言われる所以はそのあたりでしょうねえ。




このコロナのせいでいろんなことが直前の発表となっていますのでなんとも言えませんが、コロナのせいで次期の発表を遅らせるとは思えないので、やっぱり雪組の千秋楽を終えるまで発表できない理由が絶対あると思うんです。

つまり、次期の人がいま他組で公演中であるとか、そういうことしかないんじゃないかな、と。

そうなるともうますますれーこちゃんではない。

例えば「シルクロード」ではだいもんから咲ちゃんへ青いバラを渡す場面がありましたが、トップのバトンを渡す、みたいな場面って退団公演では結構入りますから、もうお稽古始まってるならそういう引き継ぎ場面は無いってことですよね。
つまり、退団公演には出てない人が次期になるという意味なのかな、ということも加味できるわけです。



キキちゃんは極度の人見知りという性格を考慮すると、これ以上の組替えはちょっと考えにくいんですよねえ…宙組には旧知のまかぜもいたし、組替えしてきたばかりの頃は同期もたくさんいたしね。


そうなると、意外と愛ちゃんが有力なんじゃないかというのが、そのヅカ友さんが提唱していた説です。


相性が未知数の月組に…?とは思いますが、宙組しか知らなかった愛ちゃんは星組でも自分の立ち位置を理解してトップさんをしっかり支えることのできる手腕があると証明しました。
宝塚への強い強い愛もありますし、「いつか絶対にトップになってみせる」と食らいつく根性も感じます。
それならきっと月組でもちゃんと自分の色の組を作り上げることができるんじゃないかな、と。





それくらいのウルトラCじゃなきゃ、こんなにギリギリまで次期を隠しておく理由にはならないと思うんですよね~。


これで普通に「次期:月城かなと、次期娘役:海乃美月」だったら全力でつっこませていただきますからね。



でも、どなたが選ばれるにしろ、こうやって過去の事例とかも参考にしながら次期予想をあれこれするのってもう立派なファン活動のひとつじゃないですか。観劇行為と同じくらい、すごく楽しいことだと思うんです。
人事予想エンタメですよ、これは。



思うように番手が上がらないとか、予想外の組替えになっちゃったとか、それぞれのファンにとっては悲喜こもごもであるとは思いますが、やっぱり人事すらも楽しむのがヅカファンとしての真骨頂ですからね。

こんなにピラミッド構造が確立されてるエンタメ組織って他にないですから、ヅカ友さんたちと「朝まで!生討論会」的にあーでもないこーでもないってミーティングすることをぜひ皆さんにも楽しんでほしいなと思います!

「そんなヅカ友なんていないよ…あたしゃ一匹狼だよ…」という人はぜひセリ美にでも見解をお聞かせくださいませ!
骨の髄までタカラヅカを楽しんでやろうじゃありませんか!!





それでは明日に向けてそろそろ眠りたいと思います!!!







でも明日開演5時なんだよな…それまで暇だなあ…大阪でいま外に出たくないしなあ…