心奪った

 




え~~完全に昇天しておりまして、現在大阪黄泉の国ホテルからお送りしております。

え?渋谷黄泉の国じゃないのかって??


明日はアウグストゥスの風に吹かれに行くもので、今日大阪黄泉の国へ移動してまいりました。




ああ…思い出すだけでもう胸が苦しくて……

高速道路の車窓から見える山並みの緑を見ては「ミズ様の色ね…」と頬を染め、
街行くウェービーロングの女性を見ては「ミズ様は御髪の1本1本までもが神々しかったわ…」と遠い目をし、
梅田駅の階段を見つめては「ミズ様も梅田でお買い物してたのよね…この階段もお踏みになったかしら…階段になって存分に踏まれたいわ…」と恍惚とするなどという1日を過ごしております。


これを恋と言わずして何と呼ぼうか……
ミズ様のお誕生日である8月16日とセリ美の誕生日で相性占いなどしないでいられようか!!!!否!!!!!





相性占い




お互いに思いやることのできる………ふふ…ふふふふふふふふふふふふ
包容力の大きな2人……
包容力………
昇天のときに広げた両腕の中にどれだけ飛び込みたかったことか……!!!
セリ美に理性があって本当に良かった…
あと少しでオーブの舞台に駆け寄ってみどりちゃんを突き飛ばしてミズさまに抱き着いてしまうところだったわ…!!

オーブのスタッフはセリ美の理性の強さに感謝してほしいところですわ!




shouten





男役ではすべての人類を見下しているようなあの冷たい視線、一転してご本人はマシンガントーク大好きなお茶目レディー、
腕の筋までも操る計算しつくされた完璧な役作り、どこまでも芸事を極めて上り詰めていかれるプロ根性、本格的な殺陣や超高難度のリフトもこなす超人的な運動神経、そしてあの美貌!!!

こんなにの非の打ち所がない生き物、ミズさま以外には絶対にいらっしゃいません!!!!

お話しされることはいつも説得力があって理論的で分かりやすく、パッショネイト。

「パーフェクトヒューマン?」と思いきや、たまにとんでもない大失敗をしでかすチャーミングさ。


ミズさまファン以外の読者さんにミズさまの伝説エピソードをひとつご紹介いたしますと、エリザベート本公演の際にミズさまはなんとルキーニに落とすあの赤い短剣を持って出るのを忘れ、短剣無しでルキーニにシシィを殺させた(首を絞めて殺した!笑)という今となっては爆笑となっているテッパンエピソードがございます。

咄嗟に首絞めてくれたキムくん、ありがとう!!!!あの御恩は忘れないよ!!!


しかもなんで短剣忘れちゃったかっていう流れまでも本当に可愛いんです…

出ていく直前にあの黒い爪が取れちゃって、「あ!取れちゃった!取れちゃった!なんか接着剤ない?!」とアロンアルファで爪を急遽付けたら今度は親指と人差し指がくっついちゃって、「あ、どうしようどうしよう指くっついちゃった!!」とかなんとかやってたら短剣を懐に入れずに出てしまったという流れだそうです。


可愛くてもうどうすればいいのあたし……生きていけない!!!!!!!






死ねばいい




しかも今回のガラコンでも爪取れたんですって!!!(笑)(笑)

前回の苦い思い出を教訓に、スペアの爪を用意されていらっしゃったそうなんですが、それは楽屋に置いてあったから結局取りに戻れず、マジックで黒く塗って出たそうです…



はああああああああああああああああああああああああああああ

一体どこまで可愛いんだあああああああああああああああああああああああ

殺す気か!!!!!!!!!!!!!!!!!





IMG_1575



いまホテルのデスク脇にあったこんな注意書きにすらときめいてますよ……


水以外入れないで下さい…


え?セリ美の脳内に水さま以外入れないでくださいって?
もうミズさま以外のことなんて入る余裕ないっすよおおおおおおおおおおお
そんなんできるわけないじゃないすかああああああああああああああああ
ミズさまにどうやって踏まれようか、睨みつけられようか、その方法を一生懸命考えるだけで脳の容量埋まっちゃってますからああああああああああああああ










え~このように、ヅカファンにおいて初恋の人っていうのはもう永遠に誰も超えられないものなんですね。

ですから、いま絶賛初恋中の皆さんはぜひ悔いの無いよう、全身全霊で愛してくださいね。


結局エリザ雪組verに関してなんの感想も書いてないですけど、これがいまのセリ美の精一杯です…
これ以上のことは考えられませぬ……



明日はミズさまもたくさんたくさん通ったムラの空気をめいっぱい吸って、「この道もミズさん踏んだかな」とか言いながら地面に這いつくばって頬ずりしてる赤パーカーがいたらセリ美ですので、生温かい目で見守ってやってくださいね。


それではミズさまの夢を願いながら眠りにつきまする……








今から美容師の資格取ってミズさまが通ってる美容院に就職して御髪を触らせていただく計画ってやっぱり無謀かしらねえ…?