お待っとさんでした。デリシューのレポにいきたいと思います!




えーーと……前回のシャーロックレポと同様、「贔屓の出てる作品の批判は聞きたくないの!!」という方はあまり読まないほうがいいかもしれないですね…

今回の批判は昨日の比じゃないですから………



というのも、批判を通り越してもうセリ美は怒っています。怒髪天で全盛期のX JAPANみたいになっていま書いてます。

なんなら、この怒りを劇団宛てにさっきメールしたほどです。怒髪天すぎてハゲそうです。



もう、あまりに酷い。
あまりにジェンヌさんが可哀想。
妖精たちに何してくれてんじゃい!!!!という感じ。






まずはね、いいところを挙げておきましょうか。


初回の観劇は絶対に楽しめます!!それは間違いない!!
野口くんの長所は、色使い。

ビューティフルガーデンもスーパーボイジャーも本当に見た目は可愛かった。スパボのあのマリン柄のドレス、好きな衣装のトップ10には入るなぁ~。



デリシューの世界観としては、LADUREEとかジェラートピケかな。




↓↓ LADUREE店内 ↓↓


laduree_20191114-5




↓↓ ジェラピケ店内 ↓↓

157_2




女子ならばみんな「可愛いいいい!!」と思う色調のオンパレード。
いちごパフェ持って踊るキキちゃんなんてもう可愛いのなんのって。

おまけに魅惑の太ももまで披露してもらえちゃうんですからもう有難くて拝み倒しです。


潤花ちゃんもあの華やかな笑顔と抜群のスタイルが映える衣装ばかりで、初見はとにかく「可愛いいいいい!!!」という感想は持つと思います。






………でも、それだけ。

ただ綺麗なだけ。




いや、レビューにとって「綺麗」というのはとても重要な要素ですから、間違いじゃないんですけど、宝塚のレビューってそれだけじゃないんですよねえ。


途中、男役さんのオラオラする場面もあるし黒燕尾もあるんですけども、う~~~~ん。なんか違う。

癖になるような、中毒になるような場面が無いんですよねええ…



たとえば、生田くんのシルクロード。野口くんの作るショーとは真逆で、一見地味なんですよね。パッとした感じがないので、初見は「ちょっと退屈…?」と思うんですけど、ひとつひとつの場面はすごく味わい深くて、観れば観るほど楽しくなっていきました。


「この場面はもう300回観ても足りねえよ!!!」っていう感じの場面ってあるじゃないですか。シルクロードで言えば大世界。


そういうのが無いんだよねえ…


今のところセリ美はデリシューを3回観劇してますが、観れば観るほど飽きてきちゃう…

生徒さんたちが日に日に作品を熟成させていってくれるのだけが頼りです。



使ってる楽曲も、ただひたすらに「パリ関連、フランス関連の曲を集めました」ってだけで、何のひねりも無い。

「この曲、素敵~!何の曲なんだろう?」って思うような曲がないです。



あ、唯一、青赤白の場面の曲がかっこいいかな。

もえこちゃんの青チームと、息子の赤チームと、ずんちゃんの白チームでソフト帽かぶって素敵に気だるく踊るんですが、あの曲はすごくいいですね!

そういえば息子って赤多いなあ。ハッスルも赤、赤い鳥が逃げたも赤ですね。確かブリドリでもイメージカラー赤って言われてましたね。

本人はあんまり赤とか着ないからなんか意外なんですけどねえ。

もちろん似合ってるから赤も大歓迎ですけども。
セリ美と同じイメージカラーですしね。やっぱり親子なのねええええええ





あと黒燕尾の曲も悪くはないかな。ちょっとイマドキで。


でも、基本的には「ああ、パリレビューならそうですよねそれ歌うでしょうね」って曲ばかりなので…退屈、かな。

似たような場面も多いので、視覚的にも飽きてきちゃいます。







そして。なによりも。


セリ美が怒髪天になっている場面です。




振付のSHUN先生もご自身のインスタで「苦手な人もいるかも」と書いておられましたが、あんなの苦手どころじゃ済まないです。失礼です。生徒さんにも観客にも。
なんなら、傷つく人もいるかも。

宝塚なんて、レビューなんて、幸せな気分になるためにみんな観に来てるのに、傷つけるって何事ですか!



もしかしてクレームが来たのか、初日の記事を画像付きで紹介した新聞社がその場面の画像をソッコー削除しましたよね。

眉をひそめてるのはやっぱりセリ美だけじゃないってことかしら。



まず、あんなの生徒さんへのセクハラです。
おっさん2人がタカラジェンヌさんを使って自己満足するためにセクハラしてるだけですよ。


トップ娘役さんが四つん這いになってトップさんに向かってお尻突き出してるポーズ取らせることもまずふざけんなだし、その瞬間にまかぜが手にした鞭をパシーーーンと潤花ちゃんの近くに振り下ろすなんて、完全にそういうプレイってことでしょ?

なにをやらせてんだ!!!あほか!!!!


新聞社がソッコー削除した画像である最後のポーズなんて、ラブホテルにあるような円形ベッドでまるで情事中に見えるようなポージング。最低です。




そしてきわめつけは、ルイマキセが怪しい曲を大胆に歌っているんですが、そこで盲目っぽい少女にまるでいたずらしてるような振付がされてるっていうじゃないですか!


セリ美はもう「潤花ちゃんに何をさせてるの!!!!」とそっちばかり見ていたのでルイマキセのほうをあんまりチェックしていなかったんですが、ヅカ友さんから盲目の少女がいると教えられて、それって倫理的に絶対ダメなやつじゃないの??と。
SMクラブにいる盲目の少女ってだけでどうかと思いません??


愛知トリエンナーレで慰安婦像が飾られたことでいろいろと物議をかもしておりましたが、そういうのと同じ類のことをしていると思いますね。
作った本人が「これはゲイジュツなんだ!!」と言おうが、それで傷つく人がいたらもうその時点でそんなものはゲイジュツなんかじゃない。


SHUN先生のインスタによれば、「こんな振付、まずいよね?」「OK!やっちゃってやっちゃって!」と野口くんはノリノリだったそうじゃないですか。

おっさん2人のセクハラ悪ふざけでしかないですよ!!



「秘密の怪しいSMクラブ」ってな雰囲気の場面なんでしょうけど、「もしかしてそうなのかな?」と思わせるような手法で見せるのが宝塚で許される範囲なわけであって、あんなの見るからに露骨なそのまんまの演出で。
あんなのをゲイジュツだと思ってるなら、せめてよそでやってちょうだい!!!
もう下品ったらないわ!!誰得なのよ!!!

尊い存在のタカラジェンヌさんたちをあんなことに使うなんて、宝塚とヅカファンへの冒涜だわ!!
彼女たちはあんなことをするために厳しいタカラジェンヌ人生を生きてきたんじゃないわ!



もうね、言葉を選ばずに言うならば、




「胸くそ悪い」




百歩譲って、千歩、一万歩譲って潤花ちゃんたちにあんな動きを要求しているのは目をつぶるとしたって、盲目の少女はどう考えてもアウトです。

あんなものを許した歌劇団にもガッカリですし、なにより「妖しさ」をはき違えている野口くんとSHUN先生の感性の卑しさに心底失望しました。


妖しくて素敵な名場面、これまでに宝塚ではたくさんありますし、ダイスケだってそういうのお得意分野ですけど、下品に感じたことなど一度も無かった。


23年宝塚を観てきて、こんなにも失望したことはないし、こんなにも下品なものを見たことはないです。




怒髪天ついでに言っちゃいますけど、そもそも野口くんのショーってどうも薄っぺらくて、一見華やかにレビューっぽく作るんですけど、J-POPを多用したりジャニーズみたいな場面作ったり。

「白井鐵造先生が輸入して創り上げてきた日本のレヴューをお前は勉強してないのか?!」って思うショーばかり作っている、という感想です。




聞けば、よくジャニーズのコンサートにも出没してるそうじゃないですか。

別にジャニーズさんが悪いとは全然思っていません。ジャニーさんが作り上げた日本独自の最高峰のエンターテインメントだと思います。

でも、それと宝塚はまったくもって別のジャンルです。

ああいうものを宝塚でやりたいと思っているのなら、どうぞ芸能人のコンサートスタッフにでも転職してくださいな。



パッと見は華やかだから、ご新規さんや新参さんたちはきっと楽しまれると思いますが、古参のファンの目はあんなもんで騙せないんだからね!!馬鹿にすんな!!!







……という感じの怒髪天なうです。

なによりも、おっさん2人が自己満足のためにジェンヌさんたちにセクハラをしているということがセリ美はいちばん許せませんでした。


「潤花、もっとお尻突き出して!」って振付のときに言ったんですかSHUN先生?

「潤花、もっとゆりかの背中にしっかり足回して固定して!」って指示したんですかSHUN先生?



かつては息子のことをいつも褒めてくれていたSHUN先生なので、セリ美も好きな先生でしたし、今回振付に入ってくださってると聞いて「やったー!」と思ったほどでした。

でも公演プログラム見たらその場面に息子は出てないと判明してガッカリしたほどでした。



それなのに、蓋開けてみたらかつてないほどの胸くそ悪さ。



もうね、どんどんクレーム受けたらいいと思います。
あの場面がお好きな方はごめんなさいね。




タカラジェンヌに色気って絶対必須だし、宝塚ならではの男役同士のタンゴとか、ベッドシーンもキスシーンも「いかに色っぽく見せるか」がとても重要ですが、あんなもんを「色気」だと思ってるならもう宝塚の世界から足洗ったほうがいい。完全にはき違えてます。



もうセリ美は野口くん、大っ嫌いです。

今度いつ宙組にまわってきちゃうか分からないけど、その前に辞めてくれないかなと思っているほど、嫌いです!!!フンッッ!!!





でもあの場面を差し引いたとしても、やっぱりデリシューは安直な感じがしてしょうがない。


終盤で、退団者の皆さんがメインになって踊る綺麗めの場面があるんですが、そこに潤花ちゃんだけがなぜかケーキを持って登場して踊るんですけど、なんの意味も無い。

あの場面はパティシエを目指していたまかぜが苦労の末にみんなを幸せにするスイーツを作る、みたいな物語があるんでしょうけど、一人だけケーキ持って踊るなんて変です。

スイーツがテーマのショーであるのは分かるけど、別に全部に無理やりスイーツ入れなくてもいいよ!
テーマに沿うことが大事なんじゃなくて、上質なレビューを作ることが本分でしょうが!!!子供がまだマカロン食ってんでしょうがああ!!!






中詰めにあたる場面ではゴールドのポンポンを持って皆さんが踊るんですけど、それも「ポンポンいらなくね?」と思ってます。なんだか妙に安っぽい。

ペンライトも、客席降りできないからみんなで一体感を!という目的で採用になったんでしょうが、「なんか派手な小道具持たせとけば華やかに見える」っていうのがもう超安直。

ペンライトという小道具を出演者も客席もみんな持ってる場面がひとつあるんだから、ゴールドのポンポンなんかもう要らないんですよ。

せっかくキキちゃんがターバン巻いて濃く濃く銀橋を練り歩いてくれてるのに、最後のあのポンポンで台無し。小学校の運動会か!




フランス関連のシャンソンメドレーを歌わせとけばいい、派手な小道具持たせとけばいい、なんならみんな一緒に踊っちゃえば盛り上がるでしょ!っていう単純な考えが見え見え。

そういうのも、「レビュー馬鹿にしてんのか?!」って思えるんです。




ああもう、嫌いだわああああ。

もともとセリ美は生徒さんには激甘、演出家には手厳しいスタイルですけど、ここまで嫌いだと思ったのは初めてかも。




あーーーあーーーーーあの場面変更にならないかなーーーー
やだなーーーーーーーーーー












なんか後味悪くブログ終わりたくないので、皆さんのペンライトのデコりを見るのをとても楽しんでいるということだけお伝えしてしておこうかな。

セリ美は手作りとかデコとかやらないタイプでもないですけど、あんまり公演グッズを買ったり、持って参加したりするタイプではないので(めちゃくちゃ集中して微動だにせず観たいタイプ)女子力高い皆さんのデコりセンスを心より感心して見させていただいております。

どんどんツイートしてね!!!!






まぁ、3回観たとはいえ、まだ序盤。
あと5回残ってるので、また感想が変わってくる可能性もありますからね。

デリシューに関しては青赤白の場面に全集中しつつ、他にもなんとか「いいとこ探し」に努めたいと思います。











息子の銀橋一人渡りがないこととかメインの独立場面がない恨みもありますけどね…母の恨みは根が深いのよ……